お知らせ
  2015年度
  2014年度
  
2013年度
  2012年度
  2011年度
  2010年度


第2回大会声明
講座案内
  2015年度
  2014年度
  2013年度
  2012年度
  2011年度
  2010年度
  2009年度

月間予定
会員
案内図
リンク
文書資料
関西アソシエ

お知らせ (2011年度)


2012/1/23

 変革のアソシエ講座「部落講座―星座の会」の川元祥一講師が、高良留美子講師と共に、「経産省前テントひろば」で「テント談話室 放射能と月と再生 語り合おう再生可能文化を!」を開催していますので、次の通り、ご紹介しご案内を致します。


放射能と月と再生 語り合おう再生可能文化を

  第2回テント談話室

「共生の思想を語ろう」

福島・飯館、浪江、相馬の祭にみる自然と人間
―農耕と漁労

      福島の祭り

日時・1月30日(月) 午後3時〜5時まで
場所・経済産業省前・反原発テント村――入室無料
課題提起・川元祥一(作家・ルポライター・『脱原発・再生文化論』の著者) 

★自然と人間の共生は21世紀の人類的課題です。放射性物質だけでなく地球温暖化をもたらすC02(二酸化炭素)や食品添加物、化学薬品など。地球温暖化に対して原子力エネルギーがクリーンだという宣伝が福島第一原発事故以前はしきりに行われていました。インチキめいた宣伝だと思いながらも、自戒もこめて、それに大きな抵抗、抗議もなかったように思われるのが残念です。原発事故を目の当たりにし、目に見えない猛毒の放射性物質が拡散する今日、それがクリーンだという人はいないでしょう。

★このような状況のもとで、私たちは反原発・脱原発と自然と人の共生を一体としてあらためて考え、その実現性を構想しなくてはなりません。そのために私たちは何ができるのか?どんな発想、どんな言葉がその実現性を引き寄せるのか。共感をもって広がるのか。
こうしたことを話しあい、たとえ半歩でも前に進みましょう。

★今後の予定・反原発テント談話室

第3回 2月13日(月) 午後3時〜5時まで
  「原発は未完の文明」アニミズムと現代科学―文明を考え直す

第4回 2月27日(月) 午後3時〜5時まで
「自由民権運動と福島―志を肥やす」
  中央に対抗する東北、福島の文化・思想
  話題提起 高良留美子(詩人)


2011/9/12

10・8仙台シンポジウムへの呼びかけ

協同の力で復興を!

日時  2011年10月8日 午後1時―5時

会場  仙台 ベルエア会館 5F会議室 
    (仙台駅中央西口より徒歩12分)
    仙台市青葉区一番町1丁目4−3
    電話 022-217-8622

入場料  無料

シンポジウム・プログラム(案)

開会の挨拶 シンポジウムの趣旨について

第一部 来賓挨拶、メッセージなど

第二部 生協、漁協、農協、事業協組など諸事業体、
諸協同組合からの現場報告

第三部 討議とまとめ(今後の方向について)

主催 10・8仙台「協同の力で復興を!」実行委員会

呼びかけ人
(趣旨に賛同され呼びかけ人をお引き受けいただいた各位に並んでいただき
ます)

連絡先
 「10・8仙台シンポジウム」準備事務局
 TEL&FAX 022−721−3255 

東京 変革のアソシエ事務局
TEL 03−5342−1395
FAX 03−6382−6538
E-mail associeforchange@mbn.nifty.com

呼びかけ

 大自然が、その紛れもない恐ろしさと猛威を見せつけた「東日本大震災」から六ヶ月。巨大地震、大津波に原発危機が重なった複合厄災は、「3.11」として語られ始めている。犠牲者と行方不明者は2万人を超え、避難民は原発の避難者を含め現在も10万人を超えたままである。国会では6月に「復興基本法」が成立し、被災地宮城県は「震災復興計画案」をつい先日決定した。
しかし、六ヶ月経ってなお被災地の市町村における「復興計画」や「復興ビジョン」は、いずれも形をなすまでには至っていない。被災の現場そのものにおいては、復旧・復興にむけた展望さえ見いだせずにいるのである。厚労省の8月の集計によれば、震災後、岩手・宮城・福島の被災三県の失業者は15万人弱に達した。人々は、まさにいまを懸命に生きるために日々追われているというべきであろう。
もとより被災の状況は地域によってさまざまである。大津波が人間社会の営みを一瞬のうちに消滅させた沿岸部、激震の直撃によって居住不能の家が続出した造成地をもつ丘陵地帯、耐震・免震の構造とは無縁であったがゆえに全壊・半壊の建物が点在する都市部。そしていつ安全宣言が出るのかまったく不明な原発事故による放射線被ばく地域がある。いうまでもなく、それぞれの地域でくらしていた人々の被災の内容と深さもさまざまである。
しかし、人々のくらしの根底とつながっていた仕事と地域社会が、奪われ、崩れたという点はむしろ一様といってよい。わたしたちがいま注目すべきことはまさにここにある。人々のくらしを持続させ、その基盤となる仕事を保障し、地域社会をその固有性に基づいて形成する、これがわたしたちの課題である。
その際わたしたちは、震災を機に何を獲得するのか、復興の先に何を見すえるのか、が何よりも問われよう。
わたしたちは、「復興基本法」に基づいた、被災地現場を反映しない、あくまでも上からのものでしかない政府の構想や、生産効率・収益性に焦点をあわせた「復興特区」を持ち上げ、それゆえに地域社会の意味を否定してしまう宮城県の構想などと明確に次元を異にする展望を示さなければならない。くらしの原点、人間社会の原点を透視した社会観・経済哲学を対置しなければならない。
むろん、それは自ずとグローバリゼーションの流れに対して地域が、まっすぐに自立することを意味する。それは自然的・文化的環境を共有する地域社会に、くらしと仕事などのすべてを開いていくことと同義である。むろん「個」に分断された現代社会の負の側面を超克する可能性を浮かび上がらせることにもなる。
具体的には「水産復興特区」や「TPP」のもつ地域破壊的本性をえぐり出し、自然エネルギーへの全面的転換を試みつつ脱原発を実現する。それはおのずと自然環境との調和・融合をはかる産業を前面に押し出すものとなろう。こうした目標の追求は、労働の場、生活日常の場における人々の連帯に基づいて行われる。それは協同の力にもとづく新しい地域コミュニティ創出にむけた第一歩を刻印する。
わたしたちはこのような問題意識をもちつつ、「復興の先」をめざしたいと思う。それを近代日本において一貫して「周辺」に位置づけられてきた「東北」においてまず起動させたいと考える。
「協同の力で復興を!」仙台シンポジウムに結集されることを強く訴えたい。

2011年9月1日 
発起人代表  大内秀明 (東北大学名誉教授)

「10.8 仙台シンポジウム」の公式ページ


2011/6/27

法政大学サステイナビリティ研究教育機構
7.3 原発・震災問題緊急シンポジウム

震災・原発問題の投げかけている課題と
復興への展望:地域再生の視点から

 「百年に一度」のグローバル金融危機・経済危機の影響から脱しきれないまま、史上最大級の東日本大震災と「千年に一度」の大津波被災、深刻化する福島原発危機に揺れる日本。いまや、わが国は、被災地の人々の暮らしの立て直しという喫緊の課題に直面するとともに、この間のグローバル化に対応した成長戦略とエネルギー政策の在り方の見直し、東京一極集中と地方の疲弊の問題、さらには、明治近代化以来の中央集権的な国家システムのあり方の根本的な再構築など、大きな国家的課題に直面している。
この間、グローバル化のなかで一段と進んだ過疎化、高齢化と地域の疲弊は、東北沿岸部の被災を大きく加重している。復旧・復興にも地域的格差が広がり始めている。加えて、首都圏電力の重要部分を担ってきた福島原発の危機は、広範囲の放射能汚染を引き起こし、多数の人びとの避難や農水産物の出荷規制が、地域に深刻な問題を突きつけている。被災地の一刻も早い復旧と復興には、国レベルの迅速な対応や外からの幅広い支援が不可欠であるが、地域の人々が主役となって、長い歴史と伝統のなかで培われてきた多様で豊かな地域固有の生活価値と文化、生活圏を基盤とした地域の力が本当に生かされる復興と再生の在り方が、強く求められている。
本シンポジウムは、こうした視点から、大震災・津波被災と原発問題の実像にも迫りながら、これからの復興と再生のあり方、さらには国家デザインそのもののあり方にも踏み込んで検討することを目指す。

日時 2011 年7 月3 日(日) 13:00 〜 17:00(開場12:30)

場所 法政大学市ヶ谷キャンパス 外濠校舎2 階S205 教室
13:00 〜 趣旨説明
13:10 〜 基調講演「震災と復興」赤坂 憲雄氏
14:00 〜 講演
「福島原発事故と日本の原子力政策」 伴 英幸氏

「岩手から見た震災復興のための地域再生の諸課題
−若手社会学者の視点から」 茅野 恒秀氏

「浜の営みがあって、私たちの食卓がある」 小山 厚子氏
15:30 〜 休憩
15:45 〜
パネルディスカッション
司 会 河村 哲二氏(法政大学経済学部教授)
パネリスト 講演者4名
山岸 秀雄氏(法政大学法学部教授)

講演者プロフィール

赤坂 憲雄氏
学習院大学教授。東日本大震災復興構想会議委員。民俗学。東北学を提唱。その他、福島県立博物館館長、遠野市立文化センター所長等、歴任。

伴 英幸氏
原子力資料情報室共同代表・事務局長。スリーマイル島事故を契機に原子力問題を考え始める。原子力政策を見直す「新大綱策定会議」委員。

茅野 恒秀氏
岩手県立大学総合政策学部講師。法政大学大学院で環境社会学を学び、日本自然保護協会勤務、東京学芸大学客員准教授を経て現職。

小山 厚子氏
小山編集室主宰。「婦人之友」編集記者。地域活性化伝道師。取材執筆の傍ら、地域づくりや農山漁村と都市をつなぐ活動に関わる。

チラシ
開催告知チラシについてはこちらのリンクをご参照ください。
表(PDF)
裏(FAX用参加申込書 PDF)

お申し込み
■PCから→https://www.hosei-web.jp/fm/10147.html
■携帯電話から→https://www.hosei-web.jp/fm/m10147.html
■FAXから→@サス研シンポ申込 A氏名 B連絡先電話またはEメールアドレス 上記@〜Bを明記の上 03-3264-9218(当機構事務室宛)送信

問い合わせ先
法政大学サステイナビリティ研究教育機構事務室
TEL : 03-3264-9211 / e-mail : sus@hosei.ac.jp


2011/4/16

4.16アソシエ緊急シンポジウム

今、日本で何が起こっているか
ー 3・11大震災と福島原発事故を考える −

 3・11大震災と福島原発暴走――私たちは今、歴史の大きな転換点に立っているのではないでしょうか。これまで作られてきた社会・経済・くらし・科学技術・都市のあり方などすべてが根本から見直しを求められています。市民・民衆運動の側からこの課題にどう迫り、どういう世の中をつくっていくのか。その議論と運動の手がかりを探る緊急シンポジウムを開催します。よろしくお願いします。

日時:2011年4月16日(土曜日)午後1時30分〜午後5時
会場:明治大学リバティタワー 10階1103号教室
      (JR線、地下鉄丸の内線「お茶の水駅」下車)
共催: たんぽぽ舎、
変革のアソシエ
参加費:500円

開 場:13:00 開 会:13:30

  朗読:      白銀由布子

T. 被災地からの報告(30分)
  ・仙台の被災地から    半田正樹(東北学院大学教授・仙台在住)予定
  ・支援物資をいわき市に運んで  三上治(東日本大震災緊急支援市民会議)

U. 《基調報告》 日本資本主義を襲う二重の激震(40分)
伊藤誠(変革のアソシエ共同代表・東京大学名誉教授)

V. 現場で起こっていること・みえること(30分)
・迫りくる放射線のもとで野菜百姓として考えたこと   石井恒司(成田・農民)
・解雇・失業に直面する不安定労働者とその闘い 加藤三多摩自由労組委員長他1名  

 (休憩:10分)

W. 現場からの提言:大震災と福島原発事故をどうとらえるか(60分)
・原発事故をどうとらえるか――その背景と今、これから    
山崎久隆(脱原発市民の広場「たんぽぽ舎」副代表)
・建設・運輸労働者が震災復興のあり方に提言する    
関西生コン労働者
(連帯ユニオン関西地区生コン支部の「被災地支援報告」を含む)
高英男関西生コン支部副委員長
増田幸伸近畿生コン関連協同組合連合会専務理事

X.〈質疑・討論〉
   コーディネーター:大野和興(『季刊 変革のアソシエ』編集長)

* Uストリームの associechannel 「アソシエチャンネル」 で4月16日緊急集会のアーカイブを鑑賞ください。

後半(2)、(3)は associechannel 「アソシエチャンネル」を開いてください。