ホーム 呼びかけ 講座案内 2016年度 月間予定 会員 案内図 リンク 文書資料

お知らせ
  2017年度
  2016年度

  2015年度
  2014年度
  2013年度
  2012年度
  2011年度
  2010年度


第2回大会声明

講座案内
  2017年度 
  2016年度
  2015年度
  2014年度
  2013年度
  2012年度
  2011年度
  2010年度
  2009年度


月間予定
会員
案内図
リンク
文書資料
関西アソシエ

お知らせ(2016年) 


2016/6/29

SGCIME 主催
刊行企画( 9 巻10 冊)完結記念祝賀会の
ご案内

 皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

 平素より私どもSGCIME (マルクス経済学の現代的課題研究会)の研究活動にご理解とご支援をいただき、誠に有り難うございます。このたび、SGCIME 刊行企画9巻10冊シリーズが、『グローバル資本主義と段階論』(第U集第2巻、御茶の水書房、2016年3月30日刊)をもちまして完結いたしました。本シリーズは、2003 年に初巻を刊行いたしてから、ほぼ13年を経てようやく完結するに至りました。これを記念いたしまして、SGCIME主催にて、記念祝賀会を、下記の要領で開催いたす運びとなりました。

 本祝賀会では、シリーズの趣旨と内容および執筆者のご紹介とシリーズ全体への講評と議論をいただく第I 部、皆様との祝賀パーティを第U部として企画しております。詳しくは、下記をご覧いただければと存じますが、これを機会に、皆様から忌憚ないご意見をいただくとともに、夏の夕べに楽しくご歓談いただきながら、SGCIME シリーズについての意義や問題点とあわせて、SGCIME の研究活動の今後の発展の方向についても、皆様とご意見の交換ができますれば、誠に幸いと存じます。皆様におかれましては、是非ともご参集いただきたきたく、お願い申し上げます。

※会場整理の都合上、ご出席される方は、実行委員長河村哲二 <kawamuratetsuji@hosei.ac.jp> 宛てe-メールにて、次の<1>・<2>・<3>いずれかをご記入の上、7月20日(水)までに、ご連絡下さるようお願い申し上げます(お手数ですが、ご氏名と、できればご連絡先( e-mail アドレスなど)を明記下さい)。★ <1>第T部・第U部ともにご出席 <2>第I部のみご出席 <3>第U部のみご出席

SGCIME刊行企画完結記念祝賀会実行委員会

委員長 河村哲二・委員一同
【祝賀会実行委員】青才高志、池上岳彦、稲富信博、今東博文、植村高久、
岡本英男、小幡道昭、河村哲二、栗田康之、清水敦、菅原陽心、芹田浩司
竹野内真樹、新田滋、半田正樹、日臺健雄、福田豊、星野富一、宮嵜晃臣

――記――
日時: 2016年8月7日
    第T部 14:00 〜 16:30
    第U部 17:00 〜 19:00

場所: 第T部 東京大学本郷キャンパス経済学部棟第1教室
     第U部 同ロビー
会費: 3,000円(祝賀パーティ出席者)。

第T部 刊行企画シリーズの紹介とゲストからのコメントおよび質疑
場所・時間: 東京大学経済学部棟第1教室 14:00-16:30
内容: ―シリーズの趣旨と狙い、および内容の概要と執筆者の紹介
―シリーズに対するコメントと講評: 外部ゲストの方5〜 6 名を予定
―質疑(フロアから)
◎司会・進行: 河村哲二

第U部 記念祝賀パーティ
場所・時間: 東京大学経済学部棟ロビー 17:00-19:00
開会の辞
祝辞スピーチ: ゲストの方5〜6 名から
乾杯・歓談
閉会
◎司会・進行: 菅原陽心
案内状のPDF


2016/2/11

今こそ、当たり前の労働運動へ

『関西地区生コン支部労働運動50年――その闘いの軌跡』出版記念シンポジウム

  • 年月日:2016年2月21日(日曜日)
  • 時間:午後1時―5時
  • 場所:連合会館2階大会議室

[アクセス:JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」(聖橋口出口)徒歩5分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」(B3出口)徒歩0分など]

参加費:800円(シンポジウムのみ)

【プログラム】

■開会挨拶

伊藤誠(変革のアソシエ共同代表、東京大学名誉教授)

■刊行の報告

武建一(連帯ユニオン関西地区生コン支部委員長)

■記念講演

「関生型労働運動の特徴とは」

木下武男(労働社会学者・元昭和女子大学教授)

---〈休憩〉---

【シンポジウム】
対論「労働組合って何?」

パネリスト〈社会運動の現場から〉

佐藤崇(なゆたふらっと)
「居場所のない子どもたちと向き合って」

纐纈美千世(日本消費者連盟)
「平和に、生きる権利を掲げて」

原隆(「持たざる者」の国際連帯行動実行委員会)
「底辺の視座から」

小野寺忠昭(元東京地評活動家)
「地域と労働運動」

パネリストの発言に応えて〈労働運動から〉
木下武男 
武建一

【懇親会(同会場にて)】

■主催:変革のアソシエ

〒164−0001
東京都中野区中野2−23−1 
ニューグリーンビル301号 
「協同センター・東京」内
TEL:03−5342−1395
FAX:03−6382−6538

協賛:連帯労組中央本部、協同センター・労働情報、協同センター・東京、中小企業組合総合研究所、ソウル宣言の会、社会評論社、TPPに反対する人々の運動、日刊ベリタ、コモンズ、他

チラシ
*上の画像をクリックするとチラシのPDFに変わります。



2015/11/2

「ソウル宣言の会」11月学習会

「ソウル宣言の会」ではこれまでもカール・ポランニー、モントリオールの社会的経済、イタリアの協同組合などについて学習会を重ねてきましたが、次回の学習会は、明治大学の社会的企業比較研究会の公開研究会として、以下のような大きなテーマで行います。講師は日本の代表的マルクス経済学者伊藤誠東大名誉教授です。社会的経済だけでなく、混迷する資本主義の行く末に関心のある方々の参加をお待ちします。

ポスト資本主義に向けての社会的経済の役割と可能性
――社会的経済は新自由主義勢力への対抗軸となるか――

日 時: 11月16日(月)18:30〜20:30(18:10 開場)
場 所: 明治大学駿河台校舎 リバティタワー7階1076教室
講 師: 伊藤 誠 氏(東大名誉教授・「ソウル宣言の会」呼びかけ人)
参加費: 無料

伊藤誠氏プロフィル
1936年生まれ。東京大学名誉教授。日本学士院会員。変革のアソシエ共同代表。著書に『信用と恐慌』(東京大学出版会)、『価値と資本の理論』(岩波書店)、『伊藤誠著作集』全6巻(社会評論社)、『日本経済はなぜ衰退したのか』(平凡社新書)、『経済学からなにを学ぶか』(平凡社新書)など

■連絡先
ソウル宣言の会
〒164-0001 東京都中野区中野2-23-1
ニューグリーンビル301号「協同センター東京」気付
電話:03-6382-7605 FAX:03-6382-6538
E-mail:seoulsengen@gmail.com
URL:http//www.seousengen.jp


2015/6/25

『昭和天皇は戦争を選んだ!
――裸の王様を賛美する育鵬社教科書を子どもたちに与えていいのか』

増田都子著

戦後70周年、戦争と平和の原点を考える!
「日本は侵略していない、アジア解放の戦争をした」とする育鵬社教科書――この歴史偽造教科書が、安倍首相の肝いりで今年、全国に広がろうとしている。この侵略正当化論とその背後で蠢く「昭和天皇は平和主義者」キャンペーンに、厖大な資料を駆使して、初めて検証する。

[四六判 並製272 頁、
定価2376 円
社会批評社、2015年]

アソシエ18号表紙

■推薦

☆鈴木邦男さん(一水会顧問)の推薦文
 これは怖い本だ。危険な本だ。感想や論評を求められた人も一瞬ギョッとして、尻込みするだろう。僕も気が弱いから、驚き、立ちすくんだ。出来ることなら、こんな危ない本にはかかわりを持ちたくない。でも、気になって仕方がない。どうして、こんな危ない本を書くのか。命が惜しくないのか。それで読んだ。引き込まれて一気に読んでしまった。圧倒的な迫力と説得力がある。そして「憂国の書」だと思った。読むことを恐がり尻込みした自分を恥じた。
 タイトルが衝撃的すぎるのだ。挑発的だ。「昭和天皇は戦争を選んだ!」でも考えたらその通りだ。嘘ではない。国民も戦争を選んだのだ。どっちが、より主体的だったのか。それを巡って左右の激論が闘われてきた。
(中略)
 そのためにも過去の天皇依存の時代を冷静に知り、学び、反省すべきだ。なぜ、これほどまでに国民は天皇に寄りかかり、頼ってきたのか。それでいい点もあったろうし、まずかったこともあっただろう。それを冷静に見るべきだ。そのことを知る上では、この本は一番の「教科書」になるだろう。その上で、天皇制をどうするかを考えたらいい。

☆高嶋伸欣さん(琉球大学名誉教授)の推薦文
 (前半略)2002年度用の扶桑社版『新しい歴史教科書』初版の段階から「昭和天皇―国民とともに歩まれた生涯」と題した2ページコラムがすでに掲載され、内容もほとんど変わっていない。本書で厳しく指摘されているように、昭和天皇は敗戦が確実になっていた1945年2月14日に近衛文麿から迅速な停戦交渉への着手を進言されながら、天皇制存続の1条件交渉が難しいとして却下している。 
 その後に天皇制存続容認の見通しを得られたとしてポツダム宣言受諾を「聖断」したのが、8月14日だった。それまでの6か月に東京大空襲や各地の空襲、沖縄戦、広島・長崎の被爆で多数の国民の命が奪われたことに、誰でも気付く。にもかかわらず、このコラムには「身はいかに なるとも いくさとどめけり ただたふれゆく 民をおもひて」との御製が掲載されている。2002年度版から10数年、今もこの白々しい御製を載せた教科書を毎年約4万人の中学生が使わされている。 
 なぜこの不当な事態が改善されないのか。第1には安倍政権で勢いを増した歴史修正主義の蔓延がある。加えて、天皇特に昭和天皇批判に腰が引けているマスコミや社会全体の「不愉快で不健全な風潮」がある。そうした風潮に敢然として「異議あり!」の声を挙げた増田都子氏による本書出版の意義は極めて大きい。増田氏に続く人の出現を期待し、少しでも多くの人々が本書に学ぶことを望んでやまない。

著者略歴
増田都子(ますだ・みやこ)
 1950年東京生まれ。島根大学卒業後、東京都江東区立中学校で教職をスタートする。
 1999年から現場をはずされ、都立教育研究所(現・東京都教職員研修センター)で、人権侵害の懲罰・長期 研修を強制される。2002年現場復帰する。さらにまた、2005年9月から懲罰研修を強制され、2006年不当にも分限免職処分を受けた。現在、予備校講師や各地で市民歴史講座の講師をしている。