お知らせ
  2015年度
  2014年度
  
2013年度
  2012年度
  2011年度
  2010年度
第2回大会声明
講座案内
  2015年度
  2014年度
  2013年度
  2012年度
  2011年度
  2010年度
  2009年度

月間予定
会員
案内図
リンク
文書資料
関西アソシエ

お知らせ (2010年度)


2011/3/22

「変革のアソシエ」第3回大会延期のお知らせ

予定されていた4月16日(土)は緊急集会と致します。

 このたびの「東日本大震災」により被災されました会員の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
過去最大級の大震災と津波による未曾有の災害に遭われた犠牲者の方々に心から哀悼の意を表しますとともに、大変な数にのぼる被災者の方々の日々悪化を続ける現状には、誠に暗澹たる思いがいたします。何よりも今、被災者の方々の一日も早い救援と支援、復旧をすべてに優先すべき時であり、そのために、われわれ会員の一人一人が、まずは、なすべき課題に全力で努力を傾注すべき時と考えます。つきましては、「変革のアソシエ」共同代表は、そうした現状を見据え、先般ご案内申し上げました4月16日に開催を予定しておりました「変革のアソシエ」第3回大会を、当面、延期とすることを決定いたしました。
今回の震災・津波災害そのものは、日本を襲った数百年に一度の史上最大級の自然災害です。しかしながら、万余を超える膨大な数の犠牲者を生み、被災者の支援もままならず、深刻な原発危機に直面して、国家の中枢と首都圏の混乱が拡大してゆく日本の現状を見るにつけ、何よりも、すべてを金銭的効率優先に作り上げた戦後の日本の社会経済システム、国家システム、そしてその下で疲弊してきた地域のあり方そのものが、根本的に問われているといえます。そうした事態こそ、今回の大災害が顕わにした根本的な問題であると考えざるをえません。もともと「変革のアソシエ」は、そうした根本問題を追及し、現状のあり方の変革を通じて「よりよき未来」をいかに再構築するかという課題に取り組んで、ともに進む連帯の場として構想されたものです。そうした「変革のアソシエ」創立の課題を再度真摯に受け止める限り、今回の第3回大会は単純な延期ではありえません。
第3回大会(年次)総会は、今回の事態に対し、それぞれの「現場」にて直面している具体的課題を捉え直し、会員の一人一人が明らかにした課題を持ち寄る議論と連帯の場として、できる限り早く、むしろ拡充しながら再度実現するよう努力すべきと考えております。
なお、今後大きな状況の急変がない限り、予定された4月16日当日は緊急集会とし、私たちが「よりよき未来」に向けてなすべき課題への取り組みを少しでも前に進めるため、参集可能な方々が、われわれの現状認識を共有し、未来の変革に向けた「変革のアソシエ」の課題を見据え、問題意識をもちより、再確認する場(フォーラム)といたしたいと思います。被災者の方々への救援と支援、復旧の状況や、会員お一人お一人の状況に対する各自のご判断に従ってご参集いただければ幸いと存じます。
会員各位の皆さまにおいては、何卒ご賢察のうえ、ご高配のこと、宜しくお願い申し上げます。  
2011年3月20日

 「変革のアソシエ」共同代表一同
足立眞理子(お茶の水女子大学教授)
伊藤 誠(東京大学名誉教授)
本山美彦(京都大学名誉教授)
河村哲二(法政大学教授)
高橋順一(早稲田大学教授)
武 建一(一般社団法人・中小企業組合総合研究所代表理事)
的場昭弘(神奈川大学教授)
田淵太一(同志社大学教授)

  付記
今後の第3回大会の開催日程やその詳細については、4月16日当日の具体案とあわせて、3月28日開催予定の連絡調整会議(在京)にて協議し、できる限り早くご案内します。

--------------------------

  事務局からのご連絡

1、会員関連の各種の被災者・被災地への救援・支援活動などの提案、情報を事務局までお寄せ下さい。メールやホームページを通じて配信したいと思います。
2、4月16日(土)緊急集会について
第3回大会会場として、東京・お茶の水の明治大学リバテイタワー10階1103教室を午後1時より6時まで確保しています。
「付記」に従って、同日、同会場にて「変革のアソシエ」緊急集会を持ちます。3月28日予定の連絡調整会議にて具体案を決め、第二便にてできるだけ早くご案内する予定です。
何かご提案、ご意見あれば、事務局までファックス、メール、郵送で、お送り下さい。
3、前号『ニュース』でお知らせいたしました単行本的年誌2号の4月初旬発行が、この大震災の影響で4月中旬にずれ込む予定です。ご了承下さい。
4、その他、諸々のことは、3月末―4月初旬の第2便にて、お知らせいたします。

被災者・被災地への救援・支援のために
事務局にプロジェクトを起ちあげました。
全国の会員の皆様、お力をお貸し下さい。 

 3月20日、別記の共同代表の延期と被災者・被災地への救援・支援活動の趣旨にそって、事務局に「被災者・被災地支援プロジェクト」を発足することとしました。
「変革のアソシエ」東京事務所に支援金・支援物資を集め、現地にお届けしたいと思います。
現在の時点ですでに、連帯労組関生支部、九条改憲阻止の会、沖縄意見広告運動、協働センター・アソシエなどなど、会員各位の関連する団体で同じような活動が考えられ、行動を起こしつつあります。出来れば、こうした関連団体と力を合わせて、被災地へのなるべく大きな支援になるように、緊急にこれら諸団体ともご相談したいと思っています。その辺の具体的なことは、事務局にお任せいただき、3月28日の連絡調整会議に報告し、会員の皆さまには第2便にて報告します。
変革のアソシエ東京事務所では、大震災に際しては、棚から本・書類、食器類が落ちて散乱しましたが、その後の余震、交通マヒ、停電の中でも、休講もありますが講座は開講しており、活動を継続しております。別記の「事務局から」の1項目のこととあわせて、関西事務所のご協力も得て、やれることを最大限追求してまいりたいと思います。
全国の会員の皆様、是非とも東京事務所に支援金・支援物資をお送り下さい。支援金は同封しました振込み票にてお振込み下さい。物資は、新聞その他で、被災地で困っている、必要としているものをお考えいただき送付ください。
送付いただいた方々のお名前は後に報告させていただきます。
どうぞ皆様のご高配のこと、心よりお願い申し上げます。

3月20日 
「変革のアソシエ」 事務局


2011/3/14

法政大学サステイナビリティ研究教育機構
第1回国際シンポジウム「持続的未来の探求」

延期のお知らせ

皆様

 先般ご案内申し上げました3月16日(水)に法政大学にて開催を予定しておりましたサステイナビリティ研究教育機構主催、第1回国際シンポジウム「持続可能な未来の探求」は、大震災という緊急事態に鑑み、延期といたしましたこと、ご連絡申し上げます。直近の延期のお知らせにて申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。
なお、今回の事態は、今回当シンポジウムが掲げました「持続可能な未来の探求」というテーマに対して、非常に大きな課題を突きつけている事態でありますため、われわれが「よりよき未来」に向けてなすべき課題への取り組みを少しでも前に進めるため、今回の国際シンポジウム企画は、単純な中止ではなく、状況を的確に判断しながら、できる限り早く、むしろ拡充しながら再度実現するよう努力したいと考えております。新日程につきましては決まり次第またご案内いたします。
皆様におかれましては、今回の企画延期につきましてご理解とご寛恕をいただきますとともに、次回再開に向けまして、今後ともご協力いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

法政大学経済学部 教授
河村 哲二拝

2011/3/14

法政大学国際シンポジウム(2011年3月16日)
開催のご案内



名称:法政大学サステイナビリティ研究教育機構第1回国際シンポジウム

テーマ:持続可能な未来の探求―グローバリゼーションによる社会経済システム・文化変容とシステム・サステイナビリティ

日時: 2011年3月16日(水) 9:20 - 16:20(開場8:30)

場所:法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎6F 薩捶ホール

*使用言語: 日本語、英語(日英同時通訳付き)

お問い合わせ先
法政大学サステイナビリティ研究教育機構事務室
TEL:03-3264-9211   E-mail: sus@hosei.ac.jp

ご案内URL (チラシPDF)
http://research.cms.k.hosei.ac.jp/sustainability/system/files/isp110316.pdf

趣旨

 グローバリゼーションのダイナミズムは、金融危機・経済危機や環境問題の深刻化、国際紛争の激化などを伴いながら、世界的に政治、社会経済システムの大規模な変容と転換を促しています。その影響は、文化・思想面にも幅広く及んでいます。本シンポジウムは、グローバルに解決を迫られている「社会・経済的システムのサステイナビリティ」の確保という人類的課題の総合的解明を目指す法政大学サステイナビリティ研究教育機構の大型研究プロジェクト構想の一環として、グローバリゼーションのダイナミズムによる社会経済・文化変容とシステム転換の基本ダイナミズムの解明と、社会経済の持続可能な再生の展望を、近代国民国家の枠組みを超えて、とりわけ地域とコミュニティの再生という視座から探求します。)

<プログラム>:

 9:20〜9:30
開会の辞 (法政大学総長 増田壽男)

 9:30〜10:00
基調報告1 「グローバリゼーションとシステム・サステイナビリティ―研究課題と問題提起」
河村哲二(法政大学経済学部教授・大学院経済学研究科長)

 10:00〜10:45
基調報告2 「領土、権力、権利―サブナショナルとグローバル・アセンブラージュの出現」
サスキア・サッセン(コロンビア大学社会学部教授,アメリカ合衆国)

 10:45〜11:30
基調報告3 最近の金融・経済危機とグローバル経済のサステイナビリティ―非主流派的解釈
スナンダ・セン(インド社会科学院会員、ジャミア・ミリア・イスラミア大学、ISID客員教授、インド)

 11:30〜12:00
講演1 「「足るを知る経済」の思想とグローバリゼーション下の持続可能な開発―タイのケース」
スワタナ・タダニティ(カセサート大学建築学部准教授、タイ)

 12:00〜13:00 昼食

 13:00〜13:30
講演2「沿海地域における持続可能な開発―紛争にいかに対処するか?」
アルマンド・モンタナーリ(ローマ大学人文学部教授、イタリア)

 13:30〜14:00
講演3 「ラディカル・リアリズム―エコ・アーバニティのコンテクスチュアリゼーション」
ダルコ・ラドヴィック(慶應義塾大学理工学部教授)

 14:00〜14:20 休憩

 14:20〜16:00
パネルディスカッション:グローバリゼーション・ダイナミズムと持続可能な未来の再生
司会:河村哲二
パネリスト:サスキア・サッセン、スナンダ・セン、スワタナ・タダニティ、アルマンド・モンタナーリ、ダルコ・ラドヴィック、舩橋晴俊(法政大学社会学部教授)、陣内秀信(法政大学デザイン工学部教授)

 16:00〜16:20
閉会の辞

(以上)

*******************************************************

河村哲二・経済学博士
法政大学経済学部教授・大学院経済学研究科長
法政大学経済学部・経済学研究科
〒194-0298 東京都町田市相原町4342
TEL:+81(0)42-783-2593 FAX:+81(0)42-783-2611
e-mail: kawamuratetsuji@hosei.ac.jp /   tetsuji-kawamura@nifty.com


2011/1/29

資本主義に対抗し、新しい地平を開く、批判的・創造的知性の舫(もやい)を!
季刊『変革のアソシエ』NO.5発売! 
 

アソシエ5号

●特集I
■関西生コンが切り拓く労働運動の新しい波
■関西生コン労組ストが切り開いた地平 木下武男
■関西生コンの闘いが示した協同組合運動の新しい可能性 丸山茂樹
■〈インタビュー〉現代資本主義に風穴をあけた関西生コン闘争 田淵太一
―注目すべき闘いの普遍的性格―

●特集II
■モノとカネの「自由」と人びとの生存権
―「平成の開国」って何なんだ
■自由貿易・投資は繁栄と成長をもたらしたか 小倉利丸
■自由貿易と農業―TPPって何なのだ!― 大野和興
■自由貿易は食卓を襲う―TPPと食の安全― 山浦康明
■膨張したマネーが世界の不幸を生んでいる 稲垣豊
■《資料》「いらない!APEC」横浜民衆フォーラム「横浜民衆宣言」
◆新潟・遺伝子組み換え稲裁判報告 天明伸浩
-------------------------------------------
◆研究の現場から 高原幸子/松田博/羽後静子/宇波彰
◆文化通信 村上良太/西沢江美子
◆《特別講座から》自著を語る 部落は文明的存在である 川元祥一 
◆book review 崔勝久
◆cinema review 中村香代子

A5判96頁
編集/「変革のアソシエ」編集委員会
発行/変革のアソシエ
〒164-0001 東京都中野区中野2-23-1
ニューグリーンビル309号
電話:03(5342)1395
発売/JRC
定価(本体1000円+税)


 

資本主義に対抗し、新しい地平を開く、批判的・創造的知性の舫(もやい)を!
季刊『変革のアソシエ』NO.4発売! 2010.10.30
 

●特集I
■韓国併合100年―今、日本を問う 徐勝
■沖縄からヤマトへ、東アジアへ発信する意味 新崎盛暉
■〈日米安保体制〉という問題 武藤一羊
■憲法的国家論理と日米同盟論 三上治
■〈座談会〉高橋清貴 野平晋作 山口響

●特集II
建設独占を追い詰めた中小企業労働者の闘い
―4カ月のストを打ち抜いた関西生コン闘争―
■武 建一「座して死を待つか、起って闘うか」
■麻生英人「今、関西の地で何がおこっているのか」
■ストライキの現場で労働者に聞く
-------------------------------------------
◆ルポ:ルポ:もうひとつのジャーナリズム 村上良太
◆怒りを忘れた国家神道論 子安宣邦
◆book review 田辺秋守

A5判96頁
編集/「変革のアソシエ」編集委員会
発行/変革のアソシエ
〒164-0001 東京都中野区中野2-23-1
ニューグリーンビル309号
電話:03(5342)1395
発売/JRC
定価(本体1000円+税)


2010/9/27

共同代表の的場昭弘さんが9月27日から、
NHK『一週間de資本論』に出演


変革のアソシエ共同代表の的場昭弘さんが9月27日から4日間、NHK教育テレビで『一週間de資本論』に出演します。時間は午後10時25分から50分までです。

NHK教育テレビ 「一週間de資本論」

<司会 横尾 正明>

<メインコメンテイター> 的場昭弘

■第1回 9月27日(月) そもそも『資本論』とは
ゲスト: 森永卓郎
■第2回 9月28日(火) なぜ「格差社会なのか」
ゲスト: 湯浅 誠
■第3回 9月29日(水) 恐慌のメカニズム
ゲスト: 浜 矩子
■第4回 9月30日(木) 歴史から未来を読み解く
ゲスト: 田中直毅

NHK「一週間de資本論」番組ページ


2010/8/31

普天間即時閉鎖・辺野古新基地やめろ、海兵隊はいらない
沖縄・緊急意見広告運動第2期へ スタート!

 9・26集会に、みなさんの参加を呼びかけます


――9月名護市議選から11月沖縄知事選の勝利へ

■日時:9月26日(日) 午後1時30分開演
■会場:東京・中野サンプラザ7F研修室10
(中野駅下車2分 03−3388−1174)
●報告と問題提起
安次富 浩(名護・ヘリ基地建設反対協議会共同代表)

●発言と討論「第2期へ、私の提案」
土屋源太郎(伊達判決を生かす会共同代表)
服部 良一(社民党衆議院議員)予定
ほかに沖縄・緊急意見広告運動呼びかけ人・賛同人からの提案・発言を頂いて討論します。

■会場費:800円(学生・非正規500円)
■問い合わせ先:東京事務所
Tel:03(6382)6537 Fax:03(6382)6538
・メールアドレス okinawaikenkoukoku@berita.jp
・ホームページ http://www2.nikkanberita.com/okinawaiken/
■変革のアソシエはこの運動に協賛団体として一緒に取り組みます。
皆さまのご協力をお願いします。
 ※下のチラシをクリックするとPDFデータになります。
※賛同FAX用紙をクリックすると実物大PDFデータになります。
 

↑クリックPDFデータ

↑クリックPDFデータ

沖縄・緊急意見広告運動の
第2期の活動再開にあたって

―各位さま
残暑、お見舞い申し上げます。
皆様には、ご健勝にてお過ごしのこととおもいます。
去る5月15―16日の「沖縄タイムス」「琉球新報」「朝日新聞」3紙への全面意見広告に対するご意見や励まし、賛同金の振込みなど、ありがとうございました。
まず、東京、大阪集会へのご参加、お礼とご報告が遅れましたことをお詫びいたします。
事務局では、この間、6月の東京や関西における報告集会開催、7月参院選挙を挟んでの意見広告の残務整理、全国規模の呼びかけ人・賛同者の方々の住所と賛同金振込みとの照合と整理などに取り組んで参りました。働きながらのボランテイア事務局員の作業ゆえに、予想以上の時間がかかってしまい、やっとこの盆休みも利用して大方の作業が終わりました。
そこで、皆様に遅くなりましたがお礼を申し上げると共に、今後の活動についてのご報告をさせていただきます。

今後の活動の継続について
意見広告が掲載された直後から最近まで、全国各地から電話、FAX、メールで、また賛同金の振り込みなどに書き添えて、たくさんのご意見が寄せられました。そのほとんどが「意見広告の趣旨」に賛同であり、運動をさらに続け、拡げて欲しいというものでした。
意見広告掲載後の5月末、緊急に国会内会議室にて意見広告運動の「呼びかけ人会議」を開き今後について討議しました。そこで、継続の方向を決め、全面広告に掲載した6月3日の東京報告集会に500人余、6月5日の関西報告集会に300人余の賛同された方々などが集まった席にて、「日米共同声明の撤回を求める」集会決議とともに、以下のような「継続への活動方針」を確認したところです。

1、全国から寄せられたご意見にこたえ、全面「意見広告」に掲げた3つ課題の実現に向けて運動を継続する。(普天間基地即時閉鎖、辺野古新基地建設反対、海兵隊の撤退、日米安保をやめ軍事力によらない平和を構築するなど)
2、具体的には、署名運動、第2次意見広告、安保の見直しとその先の軍事に頼らない平和への構想、基地のない沖縄と日本をどうやってつくるかなどをテーマとするシンポジウムの開催、など多彩な活動を展開する。
3、そうした活動を草の根で全国すみずみまで広げるために、全国各地で動いてくださる1000人のボランティア・スタッフを募る。
4、オバマ米大統領に、沖縄2紙と朝日新聞に掲載された全面意見広告を届ける。
5、その他、全国から寄せられた提案を整理・検討し、実行可能なものから実施する。

9月26日 第二期へ
現在、沖縄・普天間問題は決して何も決着しておりません。
鳩山に代わった菅民主党政府も、沖縄の民意を無視した「日米共同声明」を順守し水面下では辺野古新基地建設の強行を推進しつつも、表立っては全てを11月沖縄県知事選挙後に先送りしています。その意味で、辺野古現地の9月名護市議選挙から11月沖縄県知事選は、沖縄に米軍基地を押し付けようとする日米両政府に対して、沖縄県民の意思を示し、今後の沖縄の将来を決定付ける重要な節目となります。
8月20日、普天間基地のある宜野湾市の伊波洋一市長が、「普天間基地の早期閉鎖・返還、海兵隊の撤退」などを掲げて、この知事選への出馬要請を受諾され、事実上の立候補を表明されました。
同封いたしました、別紙の9月26日の東京集会は、こうした今秋の状況を踏まえて、意見広告運動の第2期への活動方針を具体化していくための集いです。関西でもこうした集まりが予定されております。今後、各地で、このような集いがもたれることを願っています。
是非、近隣の方は、東京集会にご参加いただき、討議にご参加下さい。
なお、可能な方は、各地・各分野で今後の署名の取りまとめやご連絡など、この運動のボランティア・スタッフになってください。特別に難しいことをお願いするつもりはありませんので、引き受けてもよいという方は、事務局までご連絡下さい。(別紙)
末尾となりましたが、残暑厳しきおり、皆様のご健康を祈念いたします。
2010年8月23日 沖縄・緊急意見広告運動事務局

■東京連絡先 〒164-0001
東京都中野区中野2-23-1 ニューグリーンビル309号
協働センターアソシエ気付
●電話:03(6382)6537(高野)●FAX:03(6382)6538
振替口座/加入者名:意見広告
口座番号:00920−3−281870

■関西連絡先〒533-0032
大阪市東淀川区淡路3-6-21 協同会館アソシエ内
●電話:06(6328)5677(細野)●FAX:06(6328)5777

事務局よりのお願い
1、9月26日の集いにおいて、この運動の略称、今後の署名などの取り組みと内容・形式、第2次意見広告の企画、財政などについて、討議いたします。参加いただけない場合でも、ご意見やお知恵を事務局まで、お送り下さい。
2、恒常的な会費財政を考えずに、緊急性に応え、自発と自律的な運動として出発したので、郵送費などをなるべく節約するために、ご連絡は、メールとファックスなどを中心にと想っています。是非、別紙メール、ファックスをお書きいただき、事務局のメール・ファックスまでお知らせ下さい。
よろしくお願いします。


2010/8/20

資本主義に対抗し、新しい地平を開く、批判的・創造的知性の舫(もやい)を!
季刊『変革のアソシエ』NO.3発売! 
 

●特集
■韓国併合100年―今、日本を問う 徐勝

■緊急報告 2010年6月 沖縄・徳之島からの発信
対談:山内徳信×武 建一
報告:安次富浩/高里鈴代/田川忠良/久田高志
◆ベーシックインカムの構想とマルクスの思想と理論 伊藤誠
◆不安の時代を超えて 原田太津男
◆ルポ:もうひとつのジャーナリズム 村上良太

A5判96頁
編集/「変革のアソシエ」編集委員会
発行/変革のアソシエ
 〒164-0001
 東京都中野区中野2-23-1
 ニューグリーンビル309号
電話:03(5342)1395
発売/JRC
定価(本体1000円+税)

2010/8/20

講座あんないパンフが出来ました。 
 

△ ご活用下さい。

△ お問い合せは「変革のアソシエ」事務局まで

△ A5判16頁


2010/8/20

危機からの脱出 変革への提言
伊藤 誠
本山美彦 編

2010年4月10日発行
定価:(本体2500円+税)
発行:御茶の水書房
〒113-0033
東京都文京区本郷5-30-20
電話:03(5684)0751A5判390頁

本書は「変革のアソシエ」の設立主旨に沿って今日の危機的諸相を会員42名が執筆参加して深く掘り下げた『年誌』(創刊号)である。

I 安保・沖縄・アジア
構造的沖縄差別の象徴としての普天間問題……新崎盛暉
戦後初めての選挙による政権交代……安次富浩
沖縄基地問題のパラダイムを読む……渋谷 要
憲法九条の解釈をめぐって……三上 治
戦後ナショナリズムの展開と論点……伊藤述史
東アジア共同体と公共圏の形成について……清家竜介
中国の牽制を問う知識人……及川淳子

II 「武力神話」の克服へ向けて
ヘゲモニー衰退期の軍事基地ネットワークの変容と民主主義の深化……土佐弘之
「武力神話」克服を阻害するNATOとAMPO……木戸衛一
サハラ砂漠の閃光……宇波 彰

III 危機の世界資本主義経済
サブプライム恐慌の構造と変革への新たな試み……伊藤 誠
金融権力の陰画としてのリバタリアニズム……田淵太一
途上国化する日本と東アジア……尹 春志
マネーの制御……高英求

IV 農の再生と思想
いま村で何が起こっているか……大野和興
新政権は農業・農民を救えるか……坂本進一郎
安藤昌益思想の現代的意義……石渡博明

V 社会運動の再生の時代
今こそ、労働運動の出番……武 建一
「労働組合の再生」を考える……石川源嗣
消費者運動の現状と提言……山浦康明
講座「共産主義講座」……的場昭弘
フランス反資本主義政治潮流形成への挑戦……湯川順夫
2010年代の課題として……福田隆雄
練馬における小市民的活動……橋本徳久

VI 人間と自然のあらたな倫理学
生命倫理の不在……伊坂青司
環境倫理学の新地平……日山紀彦
現代日本の「食とジェンダー」……河上睦子

VII 沈黙を超えるマイノリティの告発
部落文明……川元祥一
日本の女性原像を探る……高良留美子
ウソと無恥の日本文化・思想……高良 勉
日本社会に深く浸透する右翼化……朴 重鎬
先住アイヌ民族と「生活形式」としてのイオル……米村健司
青い芝の会と否定的なるもの……西角純志

VIII 女性たちの軌跡が教えるもの
交差 の 記憶……原田克子
女たち、それぞれの軌跡……村上多夢子
在日、アイデンティティのゆくえ……深沢夏衣
疑問を呈することさえしなかったのは私であり、あなたではないのか……勝田洋子

IX 知と思想のラジカルな問い
NHK「坂の上の雲」放送に悪乗りする保守イデオロギー……本山美彦
風景をめぐる三木清と竹内好……内田 弘
思想の力は甦ることが出来るか……高橋順一
天皇制問題の展望……菅 孝行
日本軍「慰安婦」問題に見る日本の戦後思想……菊地夏野


2010/4/10

季刊『変革のアソシエ』NO.2発売! 
 

変革のアソシエ第2回総会と同時に、季刊『変革のアソシエ』No.2が発売になりました。内容は以下のとおり。

●特集
沖縄の民意と普天間移設問題を考える


◆名護市長選の結果と今後の闘い 安次富浩
◆名護市財政にみる辺野古新基地建設反対の民意 塚田大海志
◆日米安保と沖縄・自衛隊  小西誠


●リレーエッセイ 河村哲二
●巻頭論文 舫宣言 本山美彦
●天安門事件08憲章を考える 子安宣邦
●インタビュー 不二越闘争原告団 金 正珠
●講座報告 いのちの思想家・安藤昌益 石渡博明

編集/「変革のアソシエ」編集委員会
発行/変革のアソシエ
発売/JRC 定価(本体1000円+税)


2010/4/10

今後への挑戦と前進を予告した「変革のアソシエ」第2回大会 

 昨年6月、資本主義を克服し新しい価値観に基づき新しい時代を創造するため、全国の批判的知性が結集し協働する「舫(もやい)の場」として、「変革のアソシエ」が結成された。知識人ばかりではなく、現場で闘う実践的知性(労働組合・協同組合・諸解放運動・市民運動等)との合流もめざされてきた。発足時には、設立の趣旨である「違いを結ぶ、批判と創造の新機軸を構築」するため、・運動・労働・生活と研究をつなぐ共同研究・討論の場を作る・列島をつなぎ、アジアと連携する・発信する、という3つの活動基軸が示されてきた。



 年次総会は、今後の活動の基礎を形成したことが確認されたが、東京・大阪以外の地方会員の情報共有、講座の宣伝、現場をつないでの共同研究・政策提言などの今後の課題が確認された。また、「変革のアソシエ」が掲げる新機軸の構築、批判的・創造的知性の舫(もやい)を生み出すために、現在の取組の継続と共に、新たな具体化が求められるとした。
 その1つの姿勢が、大会声明の<過去の罪過を直視しつつ、民衆深部からの連帯を構築しよう‐「韓国併合」100年と日米安保条約締結50年によせて‐>である。「琉球処分」から「韓国併合」、アジア太平洋戦争へ至る近代日本のアジア侵略の歴史を総括できない日本の現状は、戦後の沖縄へ軍事基地を押し付けてきた構造的差別と朝鮮半島の南北分断固定化という日米安保の核心を打つことができない日本民衆の戦いの限界と通底する。問題の所在を明示しながら、その克服の道筋を協働して解いていこうとする「変革のアソシエ」の更なる前進が予告されている。
 同日夕刻より、第2回大会記念講演として、徐勝(ソ・スン)立命館大学コリア研究センター長から「韓国併合100年と日本の課題」、安次富浩(あしとみ・ひろし)沖縄・名護ヘリ基地反対協議会代表委員から沖縄・緊急アピールなどを受け、その後にフロアとの熱のこもった討論が行われた。日本人の歴史認識と共に、現在とどう立ち向かうかが厳しく問われた記念講演だった。(4月28日記・アソシエ関西事務局員)